医師と患者両方が時間短縮の恩恵を受けられる

電子カルテの導入で精神科業務をスムーズに

電子カルテを導入している病院は増えていますが、精神科に特化した電子カルテシステムがあることをご存じでしょうか。精神科では、患者の入院時などに精神保健福祉法によって提出が義務付けられている必要書類を作成しなければならない、という業務があります。精神科に特化した電子カルテシステムを導入すれば、この書類の作成も電子カルテからスムーズに行うことができ、業務の効率化に非常に役立ってくれます。
これまで書類の作成に多くの時間を費やしていた病院なら、精神科向け電子カルテシステムの導入をぜひご検討ください。チームで治療を進めていくことが多い精神科では、電子カルテを導入することによって、すべてのスタッフが効率的に情報を共有することができ、また患者の食事歴や体調の変化などの管理も正確に行うことができます。
患者の状態の変化やこれまでの治療歴などが見やすく一画面で表示され、一目で患者の様子をしっかりと把握できます。電子カルテはしっかりとしたセキュリティやウイルス対策が施されているので、情報管理ので面も高い安全性を誇ります。オプションでそれぞれの病院に最適な機能を付けることができるので、導入すればこれまでの環境や業務効率が劇的に変化することでしょう。

電子カルテなら予約システム導入も可能!精神科の待ち時間対策に

電子カルテの導入は、紙媒体のカルテのように保管管理の手間がないこと、カルテを探すを短縮、電子記録方法による記載方法の統一化など業務改善に力を発揮します。しかし、最近の電子カルテシステムには予約システムを付帯することが可能になります。
特に精神科の場合、朝早くから多くの患者さんが並んでしまい、待合室で順番待ちとなってしまいます。その結果、病院に通うために睡眠時間を短くしてしまったり、待合室で体調を崩したり、朝早くから並び近隣に迷惑を掛けるといった問題に直結してしまいます。
しかし、予約管理ができる機能が付いた電子カルテなら、予約はスマートフォンやパソコン、電話により行うことができ、順番待ちの解消が可能です。また、新患受付もシステム上で行えるだけでなく、必要な個人情報を予めシステムに入力しての予約対応を行うことが可能です。その結果、病院窓口での手続き時間も短縮され患者さんへの負担も軽減可能です。予約システムを活用すれば、小さな診療所や病院で待合室のスペースが確保できない場合、駐車場のスペースが限られるといった場合でも効率良く診察を行うことができます。また、あらかじめ予約順番が分かれば、患者さん側も空いている時間を把握でき、時間の有効活用が可能になります。電子カルテかつ予約システムの導入は順番待ちが多い精神科にとっておすすめです。

ピックアップコンテンツ

ニュース一覧

2018/05/17
医師と患者両方が時間短縮の恩恵を受けられる
2018/05/17
電子カルテは診断情報の共有を行い素早い診察を行える助けになる
2018/05/17
混乱をなくしてスムーズな診療に繋げられる
2018/05/17
管理の負担を大きく減らせる電子カルテの導入を
TOP