混乱をなくしてスムーズな診療に繋げられる

電子カルテを導入するならばこんないいことがある

電子カルテを導入し始めた病院が増えています。例えば、精神科でも電子カルテを導入することによるメリットがたくさんあります。では、どんなメリットがあるのでしょうか。今日は主な2つのメリットについて記したいと思います。
まず、最初のメリットは紙のカルテと違い、保管場所が必要なくなるということです。紙の場合にはそのカルテを保管する場所が必要になります。また、過去の記録を調べるために分かりやすく整理したり、患者ごとにファイルにして整理する必要がありましたが、電子カルテなら保管場所は必要なくなります。パソコン上に膨大な量のカルテを保管することができるからです。電子カルテならば個人情報を適切に管理することができます。
次のメリットは医師もカルテを作成しやすくなるということです。例えば、精神科のように患者の様子を詳細に記録したり、投薬の状況や病状をカルテに記録するには時間がかかるものです。しかし、電子カルテならばひな形がありますので記録しやすくなりますし、後からデータを呼び出す際にも効率的に必要な情報をピックアップすることができるのです。このように電子カルテを導入することはカルテを管理する看護師だけでなく、カルテを作成する医師たちにもメリットがあります。

混雑しやすい精神科に電子カルテを導入するメリット

社会人の中で不眠や頭痛、肩コリなど検査しても異常がないと診断され、精神科へまわされてしまう人が増えており、敷居が高いと言われていた考えが崩れ始めています。休日や、季節の変動や新天地が多い春先はとても混みますし、精神科には不定期に訪れる先生もいるので、診察をなるべくスムーズに行ったり、複数登録されている患者さんのことを把握するためにも、電子カルテを導入する方が効率的と言えます。
書類で作られたカルテだと、患者さんの名前や番号を見てすぐに探さねばならないので、忙しい時だと同じ名字の人がいた場合、別の方のカルテを取ってしまったり、探すのに時間がかかり、患者さんや先生をイライラさせてしまう恐れがあります。仕事の要領も悪く、自信をなくしかねません。
一方電子カルテなら、必要な項目をタッチするだけで患者さんの情報がすぐに出てきます。忙しくて患者さんの症状一つ一つをくみ取るのも集中力がいりますし、メモを取るのにも時間がかかりますが、電子カルテがあれば、関連する症状をタッチするだけで患者さんに該当する病名を判断することが出来ます。精神科の患者さんの多くは、病名を知りたいことは勿論ですが、話しを聞いてもらいたいことが大半なので、電子カルテを導入することで、カウンセリングの時間を増やすことに繋がり、信頼を得ることが出来ます。

ピックアップコンテンツ

ニュース一覧

2018/05/17
医師と患者両方が時間短縮の恩恵を受けられる
2018/05/17
電子カルテは診断情報の共有を行い素早い診察を行える助けになる
2018/05/17
混乱をなくしてスムーズな診療に繋げられる
2018/05/17
管理の負担を大きく減らせる電子カルテの導入を
TOP