不備なく情報共有をスムーズに出来る

提出が必要な書類作成の工数も低減!医師やスタッフの負荷も改善

精神科においては患者の医療履歴や生活履歴、検査データなど管理業務は多くなっています。しかし、精神科特有の業務として行政や保健機関などに提出する書類作成も多く、医師やスタッフに大きな負荷を与えています。
しかし電子カルテシステムであれば日常的な業務管理だけでなく、書類作成の工数低減も図られます。膨大に蓄積された情報から必要な情報をピックアップし、提出に必要な情報を書類に記載するなど、紙媒体のカルテを探して情報を転記するといった手間が無くなります。また、書類様式はシステム上で一元管理できるため、様式をデータサーバーから探しだすこともなくなり、情報共有化の観点でもメリットがあります。さらに提出書類の作成においても、過去に同様の事例があり作成しているものを参考に作成することもでき、不慣れな新人医師が書類作成で苦しむことも無くなります。
また、最近では精神科向けの電子カルテシステムにおいては、医師やスタッフの思考が得影響され医療に支障が出ないようにAIによる医療計画の作成支援も行われています。その結果、無駄のある工程の削減、効率の良い入院患者の回診や生活指導も行えるため、スタッフの時間的な負担も軽減可能になっています。無駄な工数を削減し、医療水準や書類作成業務を迅速化したい場合は、電子カルテシステムの導入がおすすめです。

電子カルテシステムならグループウエアで瞬時に情報共有!

精神科、とりわけ入院病棟のある病院において、さまざまな情報管理と共有が重要になります。入院患者のライフスケジュールの管理のほか、服薬管理も必要になります。患者の症状に合わせた治療が必要であり、既存のカルテ管理では業務効率が悪化するだけでなく、適切な治療が遅れてしまうこともあります。
しかし、電子カルテシステムを導入することで業務効率化が図られ、必要な薬の服薬漏れを防ぐことが可能になります。特に夜勤時には業務引継ぎがあり、多くの入院患者の膨大な情報管理も必要になります。その結果、薬の服薬漏れや重要な管理事項まで漏れるといった問題もあります。しかし、グループウェア型の精神科向け電子カルテシステムであれば、入院患者の情報だけで必要な情報を速やかに確認することが可能です。
また、システム管理にすることで業務引継に掛かる時間が軽減できるだけでなく、必要な情報を文字として残すことが可能になります。業務引継において口頭説明が難しい内容の場合、上手く伝わらないこともあります。ですが、電子カルテに記録することで細かい情報まで共有化可能になります。また、担当者でなくても適切な治療計画の情報を得ることができ、緊急時の対応にも助かります。

ピックアップコンテンツ

トレンドコンテンツ

電子カルテは診断情報の共有を行い素早い診察を行える助けになる

電子カルテを導入すると感じる3つのメリット 医療現場において患者の病状などを記録するものがカルテです。ネットが普及する前にはカルテはすべて紙で作成していましたが、現在では電子カル…

混乱をなくしてスムーズな診療に繋げられる

電子カルテを導入するならばこんないいことがある 電子カルテを導入し始めた病院が増えています。例えば、精神科でも電子カルテを導入することによるメリットがたくさんあります。では、どん…

管理の負担を大きく減らせる電子カルテの導入を

膨大な診療履歴や生活状況管理も電子カルテなら可能! 近年、精神科を利用する方は少なくはありません。不眠やうつ症状により、心身ともに悲鳴を上げ、精神科に通院することもあります。しか…

ニュース一覧

2018/05/17
医師と患者両方が時間短縮の恩恵を受けられる
2018/05/17
電子カルテは診断情報の共有を行い素早い診察を行える助けになる
2018/05/17
混乱をなくしてスムーズな診療に繋げられる
2018/05/17
管理の負担を大きく減らせる電子カルテの導入を
TOP